光殺菌治療とは?

感染部分に光感受性物質を注入し、光を照射することで殺菌する安全な治療法です。

医科では早期がんの治療法として

医科では1990年ごろから光やレーザーを用いて、肺、食道、胃、子宮頸部などの早期がんに対して治療を行う光線力学療法(PDT=Photo-Dynamic Therapy)という治療法があります。

歯科では殺菌治療法として

歯科では同様のメカニズムで数年前から欧米を中心に、抗生物質を使わない体に優しい安全な治療法として光殺菌治療が急速に普及しています。光感受性ジェルを細菌に浸透させて光で殺菌する治療法です。

どのような治療に有効?

細菌が引き起こす病変の治療に有効です。

その他、カリエス、歯冠周囲炎、アフタ、ヘルペス、扁平苔癬、真菌など

光殺菌治療の特徴

  • 痛みはありません。

  • あらゆる細菌に効果を示します。

  • お薬(抗生物質)を使わないため耐性菌が発生しません。

  • 副作用はなく、 繰り返して治療に利用できます。

※ 光過敏症の患者さまには利用できません。

光殺菌装置 FotoSan630

当院は光殺菌治療で世界をリードするCMS dental社のFotoSan 630を使用しています。

光殺菌治療の手順

痛みの無い、体に優しい治療です。

感染源の除去

通常の治療を行います。根の中の掃除や、根の表面の歯石など感染源を除去します。

光感受性ジェルの注入

光感受性ジェルを、根の中、歯周ポケット、粘膜上に注入または塗ります。

光殺菌

30~10秒光を照射することで、光殺菌します。

洗浄

光感受性ジェルや死滅した細菌を洗い流します。

どのように効く?

光感受性ジェルが細菌の細胞壁や膜に取り込まれる。

特定の波長の光が照射されると、光感受性ジェルがエネルギーを受け取り「活性酸素」を大量に発生する。

「活性酸素」が細菌の細胞壁や膜だけを破壊し、殺菌する。

どのような場合に使用する?

CASE 01

とどめの一撃

通常の治療の上に光殺菌治療を行うと、 「とどめの一撃」としての殺菌効果が期待されます。これまでの治療方法では除去しきれない細菌を死滅させ、個人差はありますが感染の再発防止に大きく貢献します。

CASE 02

予防

加えて、光殺菌治療は予防にも有効です。歯周病やインプラントの定期健診、矯正治療中のメンテナンスの際に予防的治療として光殺菌治療が効果を示します。

殺菌効果

殺菌効果は目に見えません。そこで簡単な実験を行いました。
唾液を薄め、滅菌棒で繁殖培地に擦り付け培養すると、たくさんの細菌の群れ(コロニー)が発生しました(左側)。
一方、同じ唾液に光感受性ジェルを注入し、光殺菌した後に培養すると、細菌群はほとんど見られませんでした(右側)。

臨床例

CASE 01

症例1

Before After

Dr.Nicola De Angelis, DDS, MSc, ITALY

CASE 02

症例2

Before After

Dr.Nicola De Angelis, DDS, MSc, ITALY

CASE 03

症例3

Before After

Dr. Cristiano Boggian, D.D.S., ITALY

よくあるご質問

治療中、痛みはありませんか?

全くありません。若干の熱と振動があるだけです。

光感受性ジェルはどんな味がしますか?

少し甘い味がします。