即日インプラント

代々木駅前歯科インプラントセンターでは、優れた技術と信頼のおける医師による高い水準の治療を行うことで、従来のインプラント治療に要する期間を大幅に(2~4ヶ月程度)短縮することが可能です。

即日インプラントとは

抜歯予定の歯がある場合、抜歯をした後すぐにインプラントを埋め込むというような方法もあります。この方法であれば、歯を抜いた後に骨の治りを待たずに抜いた穴にインプラントを埋め込むため、大幅に治療期間を短縮することができます。
この方法は状態によっては必ずしもできない場合もありますし、お口の状態、骨の状態などは個人によって大きく異なりますので、より詳しい治療期間を知るためには、レントゲンやCTを撮って精密に検査をする必要があります。

即日インプラント

抜歯即時荷重インプラント

抜歯即時埋入インプラントとは、抜歯と同時にインプラントを埋入する術式のことを言います。
抜歯直後は、身体の治癒が早いため傷口が治りやすく、抜歯した箇所の骨の回復も早いので、抜歯即時埋入インプラントを行うことで通常よりも治療期間を非常に短縮することが可能になります。

抜歯即時埋入インプラントとは

抜歯即時埋入インプラントのデメリットとしては「治療期間が長期間になってしまう」、「骨がやせる」というものが挙げられますが、これらの欠点を解決して患者様の負担を軽減したのが抜歯即時埋入インプラントです。
抜歯直後は、身体の治癒が早いため傷口が治りやすく、抜歯した箇所の骨の回復も早いので、抜歯即時埋入インプラントを行うことで通常よりも治療期間を非常に短縮することが可能になります。また、従来のインプラント治療とは異なり歯肉の切開をしませんので、身体への負担はかなり軽減されるというのがこの術式のメリットと言えます。

抜歯即時埋入法のメリット

切開しなくてすむ

抜歯した後の穴にインプラントを埋め込むため、切開しません。

治療期間が短い

抜歯してから約1年かかっていたインプラントが、半分以下の約4ヶ月で治療が終わる。

処置後に腫れない

切らないので腫れません。

痛みが少ない

切開しないので抜歯だけの場合と痛みがほとんど変わりません。

2回していた外科処置が1回で済む

抜歯して傷口が治ってから処置をするために新たに切開をしていましたが、抜歯のときに行うために外科処置が1回減ります。

審美的に優れている

抜歯をして、しばらくすると骨、歯肉がなくなり、左右非対称の歯ができてしまっていましたが、抜歯即時埋入をすることで、骨の吸収および歯肉の退縮がとめられるため、審美的にきれいな歯が入ります。

抜歯即時埋入法のデメリット

骨の形によってインプラントを埋め込むこと・固定させることが難しい場合がある

薄い組織では適切な結果が得られない

歯ぐきを適合させるのが難しい場合がある

追加の手術が必要な場合がある

高い技術が必要とされる

抜歯即時荷重インプラントの治療の流れ

抜歯即時荷重インプラントは一般的に次のような流れで行われます。

治療前

抜歯

仮歯を装着

上部構造を装着

治療前

抜歯

仮歯を装着

上部構造を装着

All-on-4(オールオンフォー)

オールオン4の場合、埋め込むインプラントの数は最少で4本です(顎の状態によって本数はかわります)。骨の移植なども必要がありません。抜歯してからインプラントの埋め込み、仮歯の装着までが1日で行うことが可能になりました。

その日のうちに噛めるAll-on-4(オールオンフォー)

今まで使用していた入れ歯等が手術当日まで使うことができ、治療後の夜には新しいインプラントで支えられた仮歯で食事をとることができるのです。All-on-4とは、短期間で固定式の仮歯が入る画期的な治療法です。1日でお口元が劇的に変わり、入れ歯の様々な悩みから解放されます。

本数の少ない治療法All-on-4

オールオン4は、多くの歯をなくしたり総入れ歯をお使いの方のためのインプラント治療法です。従来、すべての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の移植を行ったり、8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的でした。
そのため手術時間は長くなり、費用がかさむ、術後の腫れが大きくなることがあるという不安要素がありました。

All-on-4は、奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込むことにより、力を均等に広く配分することにより、最小4本のインプラントですべての人工の歯を支えることに成功し、上記のような不安要素を解消することができました。手術の負担や費用を必要最小限に抑えることができるインプラント治療です。

All-on-4の優れた特徴

低侵襲性

オールオンフォーは、インプラントの埋入本数が少ないため、手術範囲が狭められ、身体にかかる負担を減らせます。手術時間の短縮もできますし、術後の腫れ・痛みも抑えられます。

低費用

インプラントの埋入本数とかかる費用は比例します。インプラントの埋入本数は最小限なので、治療にかかる料金も最小限に抑えられます。

即時性

治療後その日のうちに仮歯を装着できます。残った歯を抜く必要な場合でも、抜歯・インプラント埋入手術・仮歯の装着を1日でできます。

All-on-4の治療の流れ

All-on-4は一般的に次のような流れで行われます。

検査と準備

インプラントの
埋め込み

休憩

仮の歯の装着

最終ブリッジの
取り付け

検査と準備

CTで撮影し、全体的な治療計画を立てます。お口の中の型を取り、かみ合せを確認します。手術後に装着する仮の歯はあらかじめ作製しておきます。

インプラントの埋め込み

必要があれば抜歯をします。歯茎を切開し、患者様の状態にあった本数のインプラントを埋め込みます。もちろん麻酔をしてから行うため、接触感を感じる程度です。

休憩

インプラントを埋め込んだ後は、しばらくお休みください。

仮の歯の装着

仮の歯は、インプラントを埋め込んだ数時間後に装着することができます。オールオン4は1日で治療可能です (お口の状態により、手術日翌日以降に仮歯を装着する場合もあります。)。

最終ブリッジの取り付け

インプラントを埋め込んでから6か月程度で高度が強く、美しい仕上がりの最終ブリッジと交換します。最終ブリッジを取り付けた後はご自身の歯のように何でも噛めるようになります。

All-on-4のお問い合わせの多いご質問と回答例

All-on-4™(オールオン4)の成功率はどのくらいですか?

All-on-4™(オールオン4)の成功率は、手術が上顎で97.6%、下顎で99.5%、最終上部構造が上下とも100%という大変高い結果が出ています。

手術は痛くないか心配です。

手術中は術野に局所麻酔をおこない、さらに専門の麻酔医が静脈麻酔をおこなうため痛みは感じません。

入院は必要ですか?

当院での手術は全て日帰り手術となります。ご希望がございましたら、近隣のホテルにお泊まりいただくことも可能です。

何日間仕事を休む必要がありますか?

All-on-4™ (オールオン4)の手術を受ける患者様は、手術当日と翌日のお仕事は、お休みいただいております。

私には嘔吐反射がありますが治療はできますか?

可能です。当院では静脈内鎮静法を使用し嘔吐反射を抑え、リラックスした状態で施術をうけることができます。

All-on-4™(オールオン4)は歯磨きは難しいでしょうか?

All-on-4™(オールオン4)は4本のインプラントのため、本数が少なくシンプルです。また、特殊な電動歯ブラシを使うことで清掃効率を高めます。

All-on-4のリスク・副作用

  • インプラント埋入における外科手術が必要となります。

  • オールオン4治療は、治療したその日に仮歯が入りますが、最終的な上部構造が入るまではインプラントは骨としっかり結合するまで数ヶ月かかります。

  • 歯が数本残っておられる方は、ケースにより抜歯や歯槽骨の切削などの外科手術が必要となることがあります(事前に希望を伺います)。

  • その他、主なリスク・副作用・注意点は、通常のインプラント治療と同じです。詳しくはインプラントの治療内容・主なリスク・副作用などをご覧ください。

All-on-4の治療費について

  • 治療前に必ずお見積りを提示し、ご納得を頂いてから治療を開始いたします。

項目名称

費用単価

手術費用(4回)

240,000円/回

仮歯費用

120,000円

最終上部構造費用

900,000円~1,460,000円

合計

1,980,000円~2,540,000円

※インプラント治療は保険外診療となります。

お問い合わせ・ご相談はこちらからTel. 03-6276-0230