すぐに仕上がるインプラント治療

代々木駅前歯科インプラントセンターでは、優れた技術と信頼のおける医師による高い水準の治療を行うことで、従来のインプラント治療に要する期間を大幅に短縮することが可能です。

一般的な医院でのインプラント治療期間

インプラントは他の治療法と違って治療期間が長くかかってしまうのも特徴です。これは人工の歯根を骨に埋めてから、歯根と骨がしっかりと結合するまで待たなければならないためです。

一般的にインプラントが骨に結合するのにかかる期間は3ヶ月から6ヶ月ほどです。この期間は骨の状態などによって変わってきます。例えば下あごに比べて上あごは骨の密度が低いため、より長い治癒期間が必要となります。

また、骨の量が足りない場合には骨を増やす手術を行うことがありますが、この場合にはさらに数ヶ月の期間を必要とします。これらのことを考慮して、インプラントの治療期間はだいたい目安として3ヶ月から1年くらいと考えておけば良いでしょう。

代々木審美インプラントセンターだからできる短期間治療

代々木審美インプラントセンターでは、前述の治療期間を1~2か月程度に短縮することが可能です。

抜歯予定の歯がある場合、抜歯をした後すぐにインプラントを埋め込むというような方法もあります。この方法であれば、歯を抜いた後に骨の治りを待たずに抜いた穴にインプラントを埋め込むため、大幅に治療期間を短縮することができます。
この方法は状態によっては必ずしもできない場合もありますし、お口の状態、骨の状態などは個人によって大きく異なりますので、より詳しい治療期間を知るためには、レントゲンやCTを撮って精密に検査をする必要があります。

また、前歯など見える部分に関しては「治療期間中歯がなくて困る」ということのないように、仮歯を入れて見た目に影響が出ないようにすることができますのでご安心ください。

インプラント治療実績

代々木駅前歯科では、年間249件(2018年9月〜2019年8月実績)と、専門医が豊富な経験に基づく治療を行います。

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

14件

22件

14件

26件

15件

17件

13件

15件

24件

20件

31件

38件

※2018年9月〜2019年8月までのインプラント治療実績です。

インプラント治療の流れ

インプラント治療は一般的に次のような流れで行われます。

検査
治療計画

一時手術
(1回目の手術)

治癒期間

二次手術
(2回目の手術)

かぶせ物の型取り
装着

メンテナンス

検査・治療計画

初診では、問診にて全身疾患がないかなどの把握、口の中の検査、レントゲン撮影、CT撮影を行い、現状の把握を行います。
お客様一人ひとりの状態に合わせた治療法・治療期間・費用などの相談を行い治療計画を立てていきます。

一時手術(1回目の手術)

1回目の手術です。
局所麻酔をして歯茎を切開し、骨にインプラントを埋め込む穴を開けてインプラントを埋め込みます。麻酔が効いた状態で行います

治癒を待つ期間

インプラントと骨がしっかりとくっつくのを待つ期間です。約3ヶ月〜6ヶ月待ちます。

二次手術(2回目の手術)

インプラントと骨がしっかりとくっついたら、局所麻酔後、歯茎を切開してインプラントの頭の部分を露出させます。そしてその上にかぶせ物を装着させるのに必要なアバットメントと呼ばれる支柱を取り付けます。この時の手術は歯茎を少し切るだけの簡単な手術です。

かぶせ物の型取り・装着

歯茎が治るのを1週間〜数週間待って型取りをし、かぶせ物(上部構造)を製作し、アバットメントに装着します。

メンテナンス

定期的に経過観察、クリーニングなどのメンテナンスを行います。